2020年3月の運用状況:いやはや見事下落、でも続ける、へっぽこインデックス投資の記録として。

3月も目まぐるしく、市場はたったの一日でものすごく下がったり、ふと上がったり、激しすぎますが、そもそもインデックス投資は当日の評価額でなく次の日にならないと実際の買い付け額はわからないしで、まったくそもそもメルヘナー投資家には色気を出して日々の売買する事は出来ないこと、単純なわたし的事実として、さらに実感できたという事以外特に学び(?)なし。

そんなわけで、手も足も出せないのが正直なトコの結果、積立額もなにも変更なく今月も終了です。コロナ関連ニュースは治まるどころかさらに連日増してて驚くばかり・・せめて、手洗いを心がけ、免疫力を下げないよう、落ち着いて普段の生活あるのみと自分自身言い聞かせる毎日です・・しかし、いやはや見事暴落(?)してるんだなーとびっくり、でも続けるのがメルヘナー投資家のしぶといところ・・

で、
現在つみたてNISAと特定の口座で利用しているファンド
⇒(各積立金額変更なし)
SBI証券 
●ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
●三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
●大和-iFree S&P500インデックス
●レオス-ひふみプラス
○三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
○ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
○印=保留のみ 
イデコ 楽天証券 2017年4月より加入積立開始当初1年は定期のみ昨年2018年より下記開始
●外国株式 たわらノーロード 先進国株式
無リスク
○個人向け国債10年物
○定期預金 

[備考:SBI証券内分損益結果]
2020年3下旬 現在6ファンド合計損益率 特定(おおっと) -5.2% つみたてNISAは(うわあの)-13.8% 全体で-8.5%でした。
前回のクリスマスショックでは頑張って微プラスで耐えていた積立4年物の特定口座もとうとう見事にマイナスに!(とはいえ、つみたてNISAのマイナスよりは軽い症状?特定の国内債券とひふみが少しもどったのが頑張だった?)それにしても、あんまり画面を見続けてもどうしようもないし、どうしようもないことしか考えつかなくなるので、やっぱりこういう時は(続けるために)むしろ見ないのがメルヘナー的に正解と感じました~いやでも、これほんとに続けるコツと思う次第ですよお~つみたてNISAから始めたご同輩には特にわたしもお伝えしたい、厳しい時期ですが一緒に頑張りましょう~先はまだまだ長いのです~