台風と暴落と 備えつつ、絶望せず、過剰に期待せずでも希望を保ち続ける訓練を自分に課そうと思う事。

台風19号ようやく去ってくれました、本当に大きな台風だったということで、進路からは大分離れた神戸なのに、市街地の方はやはりかなりの強風だった模様、三ノ宮駅の看板が落下していたり、強風に煽られた老人が川に流されたとかを見ても今回の台風の大きさを感じました・・しかし、明けて今日も次々とものすごく広い範囲で、想像以上の大規模な痛ましい台風の爪痕のニュースを見るにつけ、やはり台風一過と浮かれた気分になることもできず・・年々台風災害の規模が大きくなっていることを嫌でも感じてしまいます、これからは、沖縄や石垣島の皆さんが今まで台風に備えておられるような対策が全国で必要になってきているような・・

今までこんなことは無かった、これは夢だとかと思いたいのは山々ですが、これからは、これがニューノーマルなんだ・・という流れを感じます、自分でもやっぱりちょっと怖いですが、それが現実なのかなと・・その中で、今回の台風でも、安全に備えてJRや私鉄各線、鉄道関係も運休、百貨店も臨時閉店の流れはちょっとほっとしています、こんなシリアスな危険の伴った風水害の危険の中不要の外出や出勤が制限できるのはある意味理にかなっている、こんな日に通常営業するなんてどうかしてるっていう流れは大歓迎のわたしです。

今回の台風接近で、実は土曜日出勤日でしたが自主休暇取りました、老両親と台風に備えて揃って自宅で過ごせるのは幸いなこととラッキーを噛締めながら過ごせました、それにしても、こういった災害時の気分の安定方法は自分自身もう少し改善していきたいと思うようになってきています(台風情報の受け取り方等)

うーん、そしてしかし、なんだかこじつけのようではありますが、台風と市場の暴落と、どちらも起きる時は起きるけど、備えながら、できることを出来る範囲で投げ出さず、ともかく絶望せず続けられるような方法、自分にできることを今一度考えようとさらに思うようになってます、わりに悲観的傾向の高いわたしでしたが、インデックス投資を始めるようになって少しこの辺りが、ほんの少し改善できていくのだろうか・・自分自身少し希望を持とうとしています、インデックス投資をする思わぬ成果です。自分でもびっくりなのです・・

暴落の乗り越え方、不安の乗り越え方、まだまだ学べそうな気がしています・・同時進行の良い相棒なのではと再確認、今回もぼんやりなわたしですが、メモとしてやはり残しておこうと思います。