5月は本当にあっという間でした、そして6月も半ば、しかし、ほっと一息ついてまた進みましょうかね・・

コロナ禍下は引き続き、ワクチン接種は先進国で最低の接種率とかだそうですが、今回神戸市では現場でのワクチンの取り扱いでちょっとごたごた混乱のニュースがあったりではありましたが、区役所単位で設置される学生アルバイトのお助け隊は、頼もしいらしく、ハーバーランドやノエビアスタジアム神戸の大規模会場の予約があっという間で、会社の70代OB社員の方も次回2回目の予約もスムースに進んだとのこと。

そんなわけで、この方法を使えば多分すぐに同様の予約の取りずらい後期高齢者も接種できそうなのですが、残念ながら、うちの後期高齢者は(特に父はよぼよぼすぎで!)さすがに区外の大規模会場へはとてもじゃないけど、出向けないので、接種予約は変更せずまだ先、近所のかかりつけ医で7月の接種予定(父ががんばって自力でネット予約しました!)ですが、確かに数の多い団塊の世代、まだまだお元気な70代の方々の接種にはほんとにいい感じではないかと私も思いました、ナイスアイデアやるやん、神戸市~と久々に感動。わたしもはがきが到着したら、お助け隊に予約してもらって大規模会場で接種だな。

さて、5月のブログがすっとんでいましたが(いつものこと?)ようやく、ほっと一息ついている今日この頃、思い出したようにブログアップしたのは、実は連休明け前後はなんと若い女性(うち一名は新卒)が入社、まさに同年代の子供さんの年齢の彼女たちと戸惑いながら業務、小さな会社なので彼女たちのおどろきも、こちらには驚きの連続、日々変わらない雑務に追われ10年一日(?)で気づけばもうすぐ勤務20年なわたしと生まれて20年と少しという彼女たちの今が交差してるのですから当たり前とはいえ、うーんいろいろ考えさせられる日々が続き気づけば6月もにもなっていたというわけからでした・・

そして来週からは配属の現場に一人は直行、いよいよ実務に突入ですが頼もしい彼女なのでこれから楽しみです。

全然話は飛びますが、6月になったらなんとSBI銀行のサービスが激変してた・・スマホを持ってない化石のようなわたしには超厳しい有無を言わさぬランクダウンにちょっとショック(振込回数の激減が痛い!)・・まあぼちぼち対応する予定・・

そして、妙に好調なわが投資信託積み立て、リバランスしようかと思ったのですが、結局なにもできず・・好調な時に自分の許容量を考え直すのが鉄則なのですが・・暴落で50%下がってもとりあえずの生活防衛費との兼ね合いでなんとか許容できるかなあと、もう一人がうーんええんとちゃう?とかまで小さく呟いててちょっと驚き。泣きべそかいたって知らないんだからね!といつもの自分は言い聞かせているんですが・・一応普段通りの積み立て続行だけ続けています。

我が家は夫婦二人ではないですが・・ほんとに小食にもなってる高齢家庭の献立も2品で十分って実感です、マンネリになりがちな献立の解消例として参考になります&かわいい子アヒルを見つけては癒される~悪い時もいい時も楽しむときは楽しみを忘れずにいたいなと・・