ユーネクスト解約方法:とほほ、老母ユーネクストを誤契約してた・・で、解約方法は(15分待ちでしたが)TELが一番でした。

老後資金インデックス積立継続中・ひなまめです。

怒涛の4月、ようやくGWで疲れが出てたのか午後は横になって休んでいたら結構寝入っていました、既に7時をまわっておりぼおっとしながら、階下へ降りると・・

なんと、母がクレジットカードの引き落としを今まで全然チェックしていなかったらしく(マジで?)今回、たまたま今年スマホを新しくしたので、さすがにその第1回引き落としを確認と思い久々にチェックしたらしい・・すると、全然見てもいないユーネクストの料金が毎月2149円引き落とされていることを本人ようやく気付いたとのこと・・(おい!!)

以上の件を本人からようよう聞き出すだけで1時間ぐらいかかり、ネットでユーネクストの解約画面に進もうにも本人IDもPWも「何も記憶にない」とのことで、とりあえずメールで登録メールアドレス再発行とか問い合わせとかしてみたものの、全然回答無、ようやくカスタマーセンタで解約可能という方法見つけたものの、既に8時を過ぎてアウト・・父は、その間なんでそんなことにとパニクってるのか、煽るだけで、全然役に立たないしで・・めっちゃ疲れた・・

そんなわけで、翌朝、11時を待ってTEL、3分で男性の方につながったのですが、経緯を話し終えたとたん、無音に・・不安を増大させつつも、再度TELすると、今度は自動音声で「順次おつなぎしております系」音声、待つこと、待つこと、ああこれは、30分ぐらい待たされるのかも覚悟した、その途端の15分後つながりました!!(どうやら先ほどの男性の声によく似ていたが・・)今度は経緯を伝えず、即「解約お願いします!」と言うとなんだか、あっさり、承諾。

契約時の登録電話番号と氏名、生年月日を聞かれ、伝えると、顧客登録が確認できる模様でIDとかは一切不要でした・・ふうう・・

母には、毎月クレジットカードの引き落とし明細はチェックすることの重要性が今回初めて学習できた模様です。

勢いあまって、IDとPWの解約もこの電話で出来るとのことだったのでお願いしてしまいましたが、これだと画面で解約できてるかチェックが出来ないか?とちょっと早計だったかなとは思いましたが・・まあ、絶対老人家庭ではユーネクスト見ないのでOKです。一応母には、毎月クレカの明細チェックを絶対するようお願いして、6月以降とかにまだ解約されてなかったら、再度TELすることにします・・勉強代は高くつくのですが・・痛い目を見ないと学習しない母なので、あまり責めずにフォローするのみと自身に言い聞かせ、むしろ、今回これ以上の被害を阻止出来、対応できたことの方に自分を褒めておこうと思います。はあ、疲れた・・(両親には、役に立つ娘と認識を改めてもらえたハズ?せいぜい恩をきせておこう)

とりあえず、老人が誤って契約してしまった、IDもPWも何もわからない状態でも、ユーネクストの解約は出来る事、そして電話が一番早いっぽいのは実感しました。11時から20時まで年中無休の模様です・・同じように老両親がユーネクストに誤契約してることが発覚された方に参考になればと思い記事にアップしておこうと思います。