不織布のマスクを手洗いすることにしました・・後期高齢者家庭のコロナ対策の日々覚え書き・・

連日のコロナ関連ニュースほか、本当に毎日目まぐるしくイタリアを始めヨーロッパ、ここへきてアメリカの感染者・死亡者数増加の報道を見るにつれ本当に今のところ日本も自粛を余儀なくむろんされているものの、聞くところの欧米の痛ましさに比べればなんていうのか、なんとか日常持ちこたえていられていることに感謝です。本当になんとかこの状況を乗り切っていくしかないですよね~正直毎日ちょっと滅入りますが、後からこんなこともあったな、と思いだすのにいいかな、とちょっと日々の覚え書きをわたしも記事にしとこうと思います・・

さて、タイトルに関してなんですが、咳エチケット用我が家のマスク状況というと、後期高齢者の老両親にわたしが通勤で感染し感染させるわけにはいかないしな~の思いで、数年前の騒ぎでバス電車内でのエチケット用として買っていたのが若干残っていたのをとりあえず使用できると考えていました。後、父親が確か2月のマスクが棚から消えた頃にたまたま通院の帰りのコープさんで入荷したのをたまたま買うことが出来てもう一箱追加することができたのですが、案の定というか、その後やっぱり入手することはできない状態が続いています、使い捨てだともうマジでなくなる~ということでどうしようと悩んでいたのですが、拝読させていただいている素敵なブログの方が手洗いされているのを知って、なんとわたしもわたしが使う分は手洗いして再利用することにしました!洗剤液にしばらく漬け置き洗いして軽く脱水、薄いので当然ですが室内干しで次の日には乾いて使えます~やったね。マスクの有効性にはいろいろ意見があるようですが・・とりあえずこんな感じでしのごうと思ってます。

わたしの会社は極小規模会社のためリモートワークとかはできそうになく多分今のところ考えもないと思われ、指示なしで普段通りの通勤です!正直言うと満員電車のリスクが個人的に心配ではありましたが、現在は学生が休校になっているのと大きな企業さんにお勤めの方の通勤が減ったのか少し電車・バス通勤に余裕はある気がします。興味深いかなと感じるのは、以前のSARS(?)騒ぎの時のようにバス電車内の人みんなマスクでマスクしてないとものすごく居心地悪い・・っていうような状態ではむしろない感じ・・多分現在、マスク買おうとしても売ってないし(無いものはつけられない!!)で、購入出来ない状態が続いている事の理解を皆さんが共有しているからと推察しているのですが・・本当にわたしの範囲でも、マスクが棚に戻っているという感覚はありません。国内生産ができるらしい、ティッシュやトイレットペーパーは一応戻っていますが、それができないのはやっぱり中国製が止まっているから?って解説がありましたが、多分そうなんだろうなああと・・いつだったかの報道では電車内でマスクなしで咳をした若い人に中高年がなぐりかかったとか・・ぴりぴりするのをコントロールできない中高年にかなり失望(大人こそ余裕でぴりぴりを緩和していこうとできないとはって)しましたが・・なんとか、現在わたしの載っている市営地下鉄ではありがたいことにそこまでぴりぴりした感じは無いのが非常にうれしいです、この感じはほんとうに継続したい・・がんばろう神戸・えらいぞ神戸(?)です・・

実際こんな電車通勤が続いている中でイタリアやアメリカのような状況になってないのってすごく不思議・・ちまたではBCG接種がここへきて(直接のコロナに効くのではないけど自然免疫力があるのが幸いしてるのでは?って説には個人的にすごく希望を持っています、ガンバロウ日本・・予断は許されませんが、希望ももちつつ・・

そうそう、先月帰省を断念してくれた(?)在仏の叔父より連絡有、先月半ばからの自宅外出禁止状況、夜間は家族水入らずでトランプをして遊んでるそう・・しかし休業補償が現地では7割もあるそうで、この辺は日本とは大きくちがうなああと感心しました。