久々に日経WOMAN購入・イデコ・つみたてNISAほかおさらいしながら愉しく読みました。

久々にイデコやつみたてNISAが載っているとのことで、最新情報・確認もかねて・日経WOMANを購入しました。

なんとこの雑誌にまで付録がついてくるようになってるのも驚きでしたが、久々に読むと年齢層が20代から40代向けで当たり前ですが、なんていうか「若向きの雑誌」っていうイメージになってて、軽くショック(?)当たり前か、でも、紙面も明るくて気分転換にはたまに購入するにはいいかなああなんて、ほんとファッション誌を買わなくなっているのでこれくらいが私にはいいかも・・

とはいえ、ふと思ったのは、登場する読者事例が以前に比べてパワキャリではない、親近感のわく事例が確実に増えているって感じが非常に好感度高いです?(パワキャリはリスペクトする対象ではあっても、あまりにもハードル高すぎで取り入れずらい、できない自分を卑下して悪循環に実は少し疲れていた?)やはり数は少ない、圧倒的に多くなっているのはもっとフツーの「仕事する女性」こういう人向けにパワキャリ全開でない、頑張りすぎない、でも、現実に少し役立つ記事雑誌紙面っていうのは私的にはうれしい変化。

イデコやつみたてNISAに関してはもちろんこの雑誌の記事だけで始めるのは難しいかもしれませんが、やってない人にひっかかる少しずつ情報としては充分かなあ、こんな感じで女性誌に投資の知識が浸透するのはほんと悪くないというか、いい状況にやっぱりなってきてるのかなあ、という気がしました。ただインデックスやってる人には割りに「?」とされる事の多い、保険についての記事・リスクの高い外貨建ての保険を堅実な方法ってページがあったりするのは自分がインデックス投信界隈にいすぎるからなのでしょうか、ちょっとびっくりしました。

まあ、ちゃんと「こんな人には向かない」っていう注意書きやその他もあるので、あくまで今現在40代以下でかつ、あまり投資は考えたくない人の長期での運用としてはありなのかなあと、いろいろ考えましたが、とりあえず、私にはやはり向かない方法であることは再確認しました。その他の保険に関しての記事、今かけてる医療保険は、満了になったら更新せず、保険はその後ほぼ入らないつもりなのですが、しかしちょっと介護保険に心動かされてしまったりしました・・まあ、今現在ある一応信頼できる雑誌の情報としてこころにメモメモ・・色々確認したり、考えるのは意外に愉しい・・こういうのも、インデックス投信積立始めてから取捨選択の目を少し養えたお蔭かなと。

別冊はなんと漫画でその名も「やせる食べ方・頑張らなくてももう太らない」っていう衝撃のタイトルでしたが、実はわたし・朝は飲み物のみです・にはうれしい「朝はデトックスタイムなので白湯と果物がよい」っていうような記事には、自分のずぼらな朝食も大丈夫だよ、むしろ胃を休めるのに正解って言ってもらえた気分でなんだか新鮮。しかも、実際お昼ご飯の「タンパク質」に注目した取り方とか、簡単な方法で自分が最近知らず知らずやってたのが実際に体調にも良いことずくしだったのは・・体重が4・5年前に比べて安定している現在・ほんとちょっと自分でもうすうす感じてたので得した気分に。