11月もおわり、つみたてNISAは全部マイナスになったけど・あまりダメージなくすごせている・・耐性がついてるのかな・不思議だ・・

50代地味おひとりさま(老後資金インデックス積立継続中)ひなまめです。

今月もあと少し!ほんとに月日の経つのは早い、わたしのほったらかし投信積立も今月も変わりない額で「ほぼ完了」(約定が未定なので)です。しかし、いちおうログインしてみてみると・・うわー、ことしから開始のつみたてNISAは全マイナスです~、さすがにおおって一瞬思いましたが・・しかし、なんていうのか・・あんまり思った以上にはダメージに感じていない・・(むしろ今月安く買えそうとかまで考えている??)以前のわたしなら元本割れなんて考えられないっていう状態ですが・・ わたしも投信積立の継続の耐性がついてきているのでしょうか。

以前投信始めてすぐの頃(うわ、2年前以上になってしまっている!我ながら当時はよく頑張って、情報収集のため出かけてたものです・・)大阪こつこつの会とかでお会いできた、セゾン投信を積立てておられた、わたしよりお若い女性の方が「積立当初7-8年ずっと赤字でしたよ~」っと穏やかな笑顔で答えておられていたことを思い出しますその時も実際、すごく励まされたのですが、自分もようやく3年たってさらにその言葉の励ましの実感がましましています。

まあわたしの場合、貯蓄中全部を投信積立に廻している訳でなく投資金額としてもいまだ微々たるものであるからっていうのは大いにあるのですが、ほんとこれは、投資する個人個人によってリスク許容量がちがうのわけで・・まあそれにつきるのかな・・でもそれより大きいのはマイナスの時期があると、少しでももどると大きくプラスになる実感が出てきたからでもあるかもしれません。

ことしのつみたてNISAは確かに不調ですが、何度か書いている通り、実は、積立始めていきなりのチャイナショックでわたしも1年間はずっとマイナスだった「特定」の方は、今もプラスであることは大きいです。(ほんとお会いした方の7-8年マイナスってやっぱりすごい、やっぱりあらためて励まされる、今思うと彼女はわたしの「積立継続の力の天使」だったとか??)

ともあれ、無リスク資金と有リスク資金の自分なりの割合はきっちりと・・そして投信積立は変わらず続けます・・

もうすぐ、12月二十四節気では2018年は7日から「大雪」、いちだんと寒さがつよまり冬本番へと向かいます、わたしの好きなあったかい飲み物がうれしい時期も本番です、今年は先週ルピシアさんの店頭で見つけたクリスマスティが非常に気になってきています。イルミネーションも楽しい季節、寒さに充分備え、風邪ひきなどに注意しながら、あたたかくして12月を過ごしたいと思います。