「非課税投資の合わせ技」で自分の老後を補助しつつ・両親と自分の老化を意識・出来る事を頑張るのです。

投資のモチベーションと情報収集にやっぱり便利なので、楽しみに拝読しているNIKKEI STYLE 

年明けからも、いろいろ気になる記事はありましたが、1月10日の記事・・

課税強化の18年 非課税投資の合わせ技で切り抜ける
家計再生コンサルタント 横山光昭
   でした、

ここで言う非課税投資の合わせ技(イデコとNISA)はなんと気が付けば、私も両方採用している訳で・・いろいろ感じるものがありました。

横山さんといえば、「3000円からの投資」で本当に初心者・特に「少額の運用者」には本当に参考になる私にとってのファイナンシャルプランナーさんです、どうも「高額の運用者さんが多い」投資信託ブロガーの皆さん記事を読んでいるといつも自分の立ち位置(?)がわからなくなる中、現実に戻してもらえるというか・・「ベストな運用」って考え始めると私の場合すぐ挫折するので、ともかく投資3年目も例え少額であっても投資は投資、続けることにのみ集中しようと考えています。

不思議なんですが、実感として投資というものを少額でも続けていると、この記事最後の方の横山さんのことば ”不思議と「もう少し投資にまわせるお金を捻出したい」と考えるようになる人が多いのです。お金が増えることが楽しくなると、自然に「もっと増やしたい」と思うからでしょう。そうすると、お金に対する考え方、向き合い方が変わり、家計も自ずと改善していくのです。”とあるのは、やっぱり本当に共感するっていうか・・私も実感してきていて、少しずつですが改善していっている気がしています。

実は私の今年の目標は「臆病貧乏」から脱却すること。(もちろん収入自体・低収入は今年も変わる予定なく・いわゆる「リッチでない層」であるのは脱却不可能ですが~)多分に精神的な面の改善を自分で期待しています。

昨日は両親は奈良に老人会のバスツアーに参加、機嫌よく帰宅してくれたのですが、やはり疲れが出た模様で夜遅くお風呂に入った父が、なんと自力で立ち上がれないと風呂場から母に救助を要請していたらしくびっくりでした・・(私は2階で既に寝ており全然気づかなかった!)本当に自分及び両親の老化をさらに感じる事が多くなりました、しかしやみくもに不安になるのでなく、でもできる防衛はしっかりとしていこうと改めて感じる今日この頃です。










元気が出る佐藤愛子さんと瀬戸内寂聴さんの対談を探しているうちに・・

寒いです!!1月は実は一年中で一番気温が低い日が多いようですが、まさにそんな感じ・・普段なら朝は寒いけど昼には気温が上がってほっとする・・なんて言うのが全然「甘い!!」っていう感じの寒さです!!

昨日も仕事、あんまり寒くて外に出たくなかったのですが、図書館で予約してた本が到着してたのもあり昼休みに駅まで外出しました。

折角駅近くに出るというので、先日から気になっていた、2年前も『老いも病も受け入れよう』が10万部を超えるベストセラー(私も買ってました!)の瀬戸内寂聴さん(95歳)はなんと昨年2017年も長編小説を出されていたようで、同じく『九十歳。何がめでたい』のこれまた話題のベストセラー(こちらもしっかり買ってた)になられていた佐藤愛子さん(一つ年下の94歳!お写真、相変わらずお若く、とても90代に見えない佐藤さん!)合わせてお年189歳のものすごい対談のネットでは読めない対談の続きが載っているという群像1月号を捜しに書店へも出向きました。

こちらは残念ながら見つけられなかったのですが・・ふと代わりに芸人のカラテカ矢部さんの大家さんと僕 [ 矢部 太郎 ]を発見、昼休みが終わりにせまっていたので、急ぎ事務所に戻り検索すると、HPやSNS・対談インタビューも読めるようで、読めば読むほど、すっかりはまってしまいました。

作家のお二人はやはり強烈な(?)人生を歩んでこられていてさすがのパワフルに元気になれるのですが、こちらもこちらでなんだかじわじわ元気になれるというか・・・いいものを見つけれました!

先述のお二人とはもう少し年下の大家さん(終戦時17歳・終戦が基準なんだ・・とつぶやくカラテカさんにちょっと笑ってしまった)様々な人生を考えさせてもらえます、そして全然違った不思議なお二人が出会って生まれた不思議な間柄、なんだか世間一般とはちょっと違うのかもしれないけど、お二人の不思議な間柄を垣間見れるとすごく「別の充実」「幸福度の高さ」がこの世にはあるもんなんだ、とじわじわ愉しくなってきています。(「パワハラ」も「セクハラ」も無縁の世界だ~ともなんて?)なんだか、寄り道してもいいもの見つけたな・・なんて。夢中になってこの本の公式HP等を読んでるとさらにこの空気の愛くるしさにはまりました、掲載の鼎談でオードリーの春日さんとかまで好感度が高まってしまいましたよ~意外。

寒いこんな日にこういう元気になれる対談や本を読むのはいい感じです!しかし、佐藤さんと寂聴さんの対談の続きも、やっぱり気になる、やっぱり取り寄せかな?