わたしの何よりの幸せ。

朝、気持ちよく目を覚まし、身なりをきちんと整え、食事の支度をし、おいしくごはんをいただく・・ 掃除や洗濯、庭の手入れをして、身辺を自分で快適に整える・・ それがどれだけありがたいことか。当たり前のことを当たり前に行うことこそが、私にとって、何よりの幸せです。 人生のぜいたく・吉沢久子 第1章-6

続きを読む

吉沢久子さんのことばはやっぱり元気が出る・・暮らしの用意を怠らないこと、「これがないと暮らせない」と考えるのではなく代用の知恵もみがいて。災害後の不安も前向きに乗り切っていく。

50代地味おひとりさま(老後資金インデックス積立継続中)ひなまめです。 どうも、この猛暑の疲れが出てるのはわたしだけじゃない・・とようやく気力が回復半分できたのか・・ ここのところの猛暑と災害続きで、やっぱりわたしもメンタルに来ていた気がします。どうにもウツウツと不安ばかり仕事も自滅モードまっしぐら・・余計に落ち込む・・こういう時はうだうだ考えずに寝るのが一番と早くに寝る日々が続いた…

続きを読む

まさにわたしの解毒剤:やっぱり吉沢久子さん・「できなくなったら、嘆くことなく、工夫してやりくりすることを楽しみにする」

いろんな不安やその他でごちゃごちゃになりそうなの時、みなさんはどうやってすごされているのでしょうか。 お盆明け、ちょっと残念な事があったり、気にかけても解決にならないもどかしい時は本当に途方にくれそうになります、なんとかしのいで乗り越えていくべしと心に言い聞かせて乗り切りたいのに同じ場所をぐるぐる回ってしまう・・ ふと、わたしのアイドル吉沢久子さんをググってみつけた記事、 ●今月1…

続きを読む

【畢竟の苦と楽の用心】 寂照軒笑月

道を知らざれば朝夕心を苦しめ、我が身大事の 心にて人に情けなく、いたずらに獣のごとく生き、 やがて草木が朽ち果てるごとく滅する。 これ至って悲しきことならんや。 誠の楽は外にもとむるものにあらず, 貴賎貧富の差あろうとも、こは自然に定まりたることを 知りて邪なる心を去りて、身をよく慎むる時は 何事も恐るものなきものなり。 然らば身も心も自ずから易く、常に春秋の移ろいを見 …

続きを読む