新型コロナウィルス状況と後期高齢者家庭の憂鬱あれど・・退場せず続ける力の修練かな。

新型コロナウィルス関連ニュース・・2月初頭はまだのんびり正直構えてたのですが・・なんだかさらに大事に・・我が家でも、3月にこの数年毎年長期休暇を兼ねて帰省する在仏の叔父、今年はお墓参りに従妹たちも連れいていきたいと、今回は甥である(在神戸)弟の車を出してほしいとのリクエストがかねてからあったのですが、ここへきてその弟からの「待った」が入りにわかに混乱が・・仏ではどうやらまだあまり、日本での各種イベント中止の模様とか報道されていないようで、叔父もわりにのんびり帰日の中止は考えてなかった模様(ちょっとびっくり)、これに後期高齢者の父がかなり焦り始め・・連日のTV等の放映で恐怖感を増しましていて、来訪はないと思い込み「自分の常識全世界の常識」状態となっている父と老年に差し掛かり故国になんらかのノスタルジー(?)が高まってきている状態の叔父、まあ一番リスクの高く、本人もやはり恐怖感高まっている後期高齢者を抱えている我が家、本当にどうなだめていいのか正直わかりません。

わたしも久々の3連休で今回体を休めましたが、休めない人は沢山いるわけで、確かにここ数日満員電車のマスク率の高まり、ストレスから免疫力落ちた人からまた感染が広がるのでは、なんてつい悲観的になってしまいそうですが・・なんとか、手洗い、休息を意識して、高齢の両親に感染させないようしていきたいと思っています。

相場の方は、一気に下がるとかにはまだなってない、ほんと不思議、まあこれから影響がさらにでるのかもしれませんが、どちらにせよ、わたしごときが考えてもまったく当たらないので、ともかく退場せず続けるのみ(そもそも自動引落なので勝手に続けられますが)ふと考えると今回の新型コロナウィルス状況はまた、自分のリスク耐性テストになってる?生活防衛費とリスク資産についてまたようやく自分の感覚が分かってくるのかな?と感じてきました。

色々疑心暗鬼になる状況ですが、岩田先生のアカウントに励まされます。