令和2年 謹賀新年 老人家庭の静かなお正月です

正月3が日もあっという間、今年は市内反対側に住む次男夫婦も年末の風邪にたおれて例年の年賀来訪なし、唯一のちびっ子だった甥っ子ちゃんも既に高校生でもうずいぶん会えず(両親は非常に複雑らしいのですが)老人家庭の我が家は非常に静かなお正月を過ごしています。

私の方は、年末の会社の宿泊付き忘年会は兵庫県を見事に縦断する旅(?)休憩を含めて3時間の(乗せてもらっているだけとはいえ、私にしては)大移動後は事務所の掃除をし大荷物を抱えて帰宅・・毎年の事ですが何故かすっかりここで気力体力既に消耗しぼおっとしたまま、いつものように(?)お正月になだれ込んでいました。

とは言え(例年カニ鍋で食べきれなかった分を頂くのですが)今年は結構多量のゆでガニ、今年は2日目は、初めてピザに多量につかってみたのですが、やっぱりおいしいことを発見、ピザはあまり好きでない父もおいしいと平らげ、2回もピザにして、最後に残った今日はたっぷりカニ入り天津飯にして平らげます~帰路の西紀インターで買った丹波黒豆入りチーズケーキも苺とみかんでちょっとお休み仕様にアラモード風においしく頂きました・・

賑やかなお正月ではないですが、こんな風にのんびりすごせるのって、実はいいのでは?(両親は納得できてないようで、少し可哀想ですが、自分もしてきた道ですしね)などと、少し思っている五十路地味おひとりさまです。兄弟たちもそれぞれゆったりすごしていてくれればそれでよい・・

安心でちょっとだけ楽しい毎日が過ごせるのが一番と感じる、わたしもそれを目指して倹約・貯金、今年も頑張っていく所存です・・

カニたっぷりの天津飯に満足~

s-2020y01m08d_101429461.jpg
遅れていた上の弟からの遅い年賀状も届いては、よろこんだ両親をみてほっとする・よかったよかった・・