けっこうモヤモヤが続く、季節ものの入替と断捨離で振り切りたい・そして、おひとりさまの松明の記事「在宅ひとり死」発見と

先週末の土曜日はとても良いお天気の中、西神戸・塩屋のすてきなカフェ784JUNCTIONCAFE(ナナハチヨンジャンクションカフェ)さんへ、すてきな南北朝愛好家のおひとりとわたしの共通の神戸の宝・ファンである平民金子さんの写真展へ先週末はひさびさにお出かけ、ご一緒させていただいたりとオフは夢のように大変充実していたというのに・・その他の仕事・プライベートがいまいち相変わらずな(老後資金インデックス積立継続中)ひなまめです。

月曜からは、またしても怒涛のようなばたばたが戻り、上野千鶴子先生のSNSで話題になっていた今年の東大入学式祝辞、おおっとうれしい変化の兆しかと、衝撃をうけたのはわたしの小さい事実だけど(反対に炎上もしてることにびっくりした)もう少しじっくり考えたいとふと、思うもその暇ないまま、うんざりするニュースや衝撃のニュース、ノートルダムの火災とかびっくりのニュースとかが続き・・世界の表舞台はまたしても目まぐるしい、しかして、まったく輝くことない超地味五十路おひとりさまは、そういった出来事とは特に連動してないというのに、昨日はちょっとしたことから、ある人と不毛な口論(正論に素直に従えず)こころ折れたり、エネルギー枯渇、やはり老後はひとりが気楽で一番ではと大きく再確認、しかし今週もただ木の葉のように流され続けて疲労気味・・

こういうダウナーな時は、ぼおっと手を止めて考え事がろくでもないことだらけ、今週末は一気にあたたかくなりそうだしで、この前半ヒンヤリ寒くて仕舞えなかった冬物とかを一気に洗濯したりして、季節もの入替収納及び断捨離してすごすぞ~

今週の上記の話題のお蔭か、なんとこの3月末にアップされていた記事を今頃発見できた、上野先生の短期新連載紹介記事、めっちゃ元気になる!!わたしの老後イメージもほぼこれ!!「在宅ひとり死」やっぱりおひとりさまの力強い松明、すごく心強い・・元気出していこう。
文春オンライン:「おさみしいでしょう」なんて大きなお世話 70歳の社会学者・上野千鶴子が「在宅ひとり死」を勧める理由「孤独死」なんてこわくない
https://bunshun.jp/articles/-/11174