明日から4月・・どうにも慌ただしくて落ち着かないけど、生活費のダウンサイジングは手ごたえありなんで良しとしよう。

土曜日は出勤日だったのですが、体調崩してちょっととうとう赤信号、久々のお休み頂いてしまいました(老後資金インデックス積立継続中)ひなまめです。

この3月は以前から気になっていた上司からのあたりが、かなりわたし的によりきつく感じていたのですが(むろん、私以上にプレッシャーの多いことからの言動であるのは十分理解しているつもりでしたが)ミスがさらに増える恐怖の連鎖にあわせて、正直こころ折れてしまいました。赤信号です、かなり小さい職場なのである程度仕方ないのですが・・今回は何故か悪い方悪い方に自分を追い込んでいるようで、余計に焦っているようです。とりわけ、攻撃的な指示言葉に対して多分同じような攻撃的な幼児的な対応しかできないだろう自分にかなり落ち込んでいます。ほんと、この悪い流れを変えていきたいです。

なんだか、我ながら湿っぽい記事になってしまってますが、自分が後で読み返すと、そんなこともあったんだと乗り越えているころにはいい思い出になるのでは?と敢えて書いておこうかなと・・

さて、そんなこんなでメンタル波乱万丈な3月でしたが、今月の自分の家計支出を確認すると、職場はお昼休も食事をとらずに仕事する雰囲気が確立(?)わたしも食事をとらずに過ごす日も数日あったためか、小口現金の支出の少なさには我ながらびっくり。(昼食は落ち着いたらきちんと取る方向に戻りたいですが)ストレス用の間食=コンビニでのちょこちょこ買いは本当にセーブできるようにはなってきたことは、やはり良い習慣として自分では思うので、まあこれは良かったかな。

ともかく、50を過ぎて投信積立を開始し、生活費のダウンサイジングとして、それまで無自覚にしていた支出も見直す習慣ができてきているのは自分でも褒めておこうと思ってます。

昨日は、池上彰さんの番組をちらっと見たのですが、最近の子供たちはおこずかいを「使うよりもまず貯蓄」する子が多い傾向があるそう、小学生が貯蓄の理由を「今特に欲しいものはない」ことと「将来の備え」って言ってるのがなんとも印象的でしたが、時代の変化ってすごく感じますが(そもそもバブルのさなかにバブルを謳歌できなかったわたしだから(?))わりにというか、今はむしろ共感できる考え・・今までの自分を向上させるために(?)何か買わなきゃっていう強迫観念から逃れられるのってむしろ好ましいことなんでは、なんて実は感じてたり、ハズキルーペのCM(松岡修三バージョンに変わってた)を見てはゲンナリする自分もあって、まあ、これから先さらにどういった傾向になるのかは・・見てみなければわかりませんが、少なくともバブル世代が「こんなんじゃダメだー」とかいうのは全然お門違いな気が日に日に増しています。

なんだか、また今回も取り留めないつぶやきのブログになってしまいましたが、こんなヒトが投信積立をやってるっていう記録にはなってるかな?4月はもっと前向きに進めるよう頑張れますように、今日は午後からもゆっくり一日お休みして過ごします。