わたしの何よりの幸せ。

朝、気持ちよく目を覚まし、身なりをきちんと整え、食事の支度をし、おいしくごはんをいただく・・
掃除や洗濯、庭の手入れをして、身辺を自分で快適に整える・・

それがどれだけありがたいことか。当たり前のことを当たり前に行うことこそが、私にとって、何よりの幸せです。

人生のぜいたく・吉沢久子 第1章-6