まさにわたしの解毒剤:やっぱり吉沢久子さん・「できなくなったら、嘆くことなく、工夫してやりくりすることを楽しみにする」

いろんな不安やその他でごちゃごちゃになりそうなの時、みなさんはどうやってすごされているのでしょうか。

お盆明け、ちょっと残念な事があったり、気にかけても解決にならないもどかしい時は本当に途方にくれそうになります、なんとかしのいで乗り越えていくべしと心に言い聞かせて乗り切りたいのに同じ場所をぐるぐる回ってしまう・・

ふと、わたしのアイドル吉沢久子さんをググってみつけた記事、
●今月100歳の家事達人・吉沢久子さんの老けない発想力!新しい発見を日々の喜びに
●本日100歳!家事達人・吉沢久子さんが実践する、老けない暮らしのヒント

著書でも何度か語っておられる内容なのですが、この記事は何故か気づきませんでした、しかし、本当に見つけてものすごく嬉しい気分に・・なにより今年1月の最新版、明るいお元気な笑顔のお写真が嬉しいのです、またしても沈んだ気分にこころを上げていただけるようでした!

「年をとってくると、体が以前のように動かなくなったり、力が入らなくなってきます。そうしたら、無理をせずちょっと工夫をすることに。すると、まだまだできることはたくさんあるものですね」

まだまだできることはたくさんあるもの・・とおっしゃる吉沢さん、ものすごく励まされます。年をとったり、その他色んな事で、できなくなくなることがたとえあっても、「嘆くことなく、工夫してやりくるすることができますよ」と繰り返し教えて下さる吉沢さん、「できなくなあったことも、嘆くことなく、工夫して楽しめばよい」なによりそれを本当に愉しそうに実践しておられるその姿は、まさにわたしの解毒剤です。

いろんな事を乗り越えてこられた方だからこそ、より説得力があります、色んな残念なことや不安に押しつぶされそうになっても、大変な老人ばかりではない、こんな明るい灯台のような方がおられることを知れて何より励まされる、
この記事やその他の吉沢さんのことばを読むと、いつもまた前に進もうという気になれる気がします。