広域大雨の災害 23年前という事件の区切り 今年の七夕はすこし苦い・・防災意識はやはり高まってきた・できることを淡々と

本当に今回の大雨はまた一つの記憶に大きく残るものになりそうです。

降り始め6日金曜日は海側のJRや山陽電車の運行が乱れて昨日は振替のため三宮駅で入場制限があったり、バスで垂水方面へ向かわれる方が名谷や学園都市で大変な長蛇、帰宅での疲労が伝わりました。翌日土曜日はもよりの神戸市営バスも地下鉄も幸いなことに通常運転だったようですが、次々に飛び込んでくる近く近畿県内はもちろん、広島や岡山ほかの大雨の惨状に心痛み続け結局ほとんど何も手つかず。

明けて月曜の晴れの日が何故か素直にうれしく喜べない。

しかしそんなこと言っていても始まらない、できることをひとつづつ片づけていくのみと言い聞かせています。






この記事へのコメント