TVは見なくていいの意見にほぼ同意

GWはとおに終了、その間なんだかんだとブログには書き忘れてましたが春にぐんぐん伸びてしまう庭木の剪定に挑戦した母の手伝い(父は全然こういう作業ができなヒト)で都合45L・6袋頑張って詰めたら背中が痛くなってしまったわたしです。でもまあ、これはなかなか自分的にも大満足の今年の成果。

その間、プチ断捨離してエコリングっていうリサイクルショップに持ち込みに出かけたり、(思ったより高額で買い取ってもらえてラッキーでした)季節の入れ替えをしたり、ブログに書いたみたいに一日だけ市街地へ出向いたりしましたが、最近ほんとに思うのですがTVを見てない。ふと気づくと本当にTVを見てませんが、実際そんなに不都合がない・・父が様々な(?)サスペンスの再放送を録画してるなかで、毎日家のTVはついているのですがどれがリアルタイムの番組かも最近どんどん不明に(?)なっていることもあって私自身はほとんど画面を見ないけど、必要な天気予報やニュースはだいたいネットで見れるし、なんだかそんなに不都合がない・・

で、たまに見るとなんていうのかバラエティもクイズ番組もどうも違和感が多くて見る気が失せる、昔はもう少しお笑い番組とかバラエティも見ていた気がするのですが・・

まあ、毎回賑わううんざりなニュースの数々見ると調子悪くなるのも更年期?だからかなんて、ぶっちゃけ老化でTV自体をあんまり楽しいと思えないだけかもと思ってて、でもってもうなくてもいいかなと・・(とはいえ、たまにリアルタイムで「ブラタモリ」をやってるのを見るとやっぱりおもしろい!!っと(ほんとにびっくりするほど)ご機嫌になれるので、ただの生活排水路と勘違いしてたりしてた(ほんとにスミマセン!)見えない川「暗渠」とかを知るとその周辺の元の景色が明らかに再び違って見えてくる(「扇状地」っていうキーワードが再び新鮮になってきた!)これは見れなくなるのは惜しいな・・宇治編も面白かったし~って、あれ?)

そんなこんなでTOKIOの山口くん問題もすごくTVで流れていたらしいのも知らなかったので、聞いた時は、最初、財務省のセクハラ問題を隠すための何かの罠かと思いましたよ・・いろんなコメントはどうにもどれもなんだかしっくりこない、きちんとした問題がむしろどんどんどんどん遠くに流されていくだけの様で、TVはしばらく同じことばかり煽情的に繰り返して(その前は森友とか財務省とか)別の問題がでるとパタッと変わっていく、何もきちんと考える間もなく反応するだけの繰り返しが実はものすごく最近ストレスです。

そんな中、ツイッターのタイムラインに流れてきた 田中 紀子さんのブログはとても興味深く、これは知ることができてよかったです。TVは単に面白おかしく煽情的に報道するだけでなく、きちんとした有益な情報ももっと知らせてほしいと感じましたが、なんていうのかそれが、むしろTVの限界って感じで、反対にTVを観ないだけの方が簡単かも?なんてまた短絡的にも思ってしまうわたしでした。ちょっと尻切れとんぼですがとりあえず今の思いです・・




この記事へのコメント