「老後は一人暮らしが幸せ」を読んでいます、老人家庭のばたばた・・憂鬱になってる場合ではないです・ファイトです。

老後資金準備に投資信託積立利用している・単なる地味おひとりさま・ひなまめです。
***************************************************
昨日の早朝のばたばたが終わり、夕方は落ち着いて皆で近場でたのしく外食~のハズが・・昨日は父と母の普段の互いに信頼関係の無さを露呈する(?)コミュニケーションの行き違いがさく裂!!父はあわや、徘徊でゆくへ不明にされるところでしたが、本人は母に伝えたとおりの行動をしていただけ、ということで「行方不明」ではありませんでした・・疲れた・・

「続・老後は一人暮らしが幸せ」によると、同居の老人の満足度は一人暮らしの老人に比べてなんと低いというアンケート結果が紹介されています・・煮詰まる夫婦・・わが家もちょっとまずいです・・「家族間で充分な意思疎通ができない状態」で満足度が低くなる・・まさにこの例??とちょっと考えさせれっぱなしです。

本では(P35)とにかく、家族間で充分な意思疎通ができない状況に対して、対策をとるのはむずかしく、せめて、相互に悪気がないことを、認識してもらい、心を安らげてもらうしかないということになります。

とあり、母にもぜひこの考えを浸透してもらいたい気がしますが・・積年の恨み(?)がちょっとやそっとでは抜けないと推察されますが・・まあ、ブルーになってる場合でなく、なんとか心を安らげて(自分の老後は完全に「一人暮らしモード希望確認」のわたしですが)互いに感謝の気持ちをこまめに伝えて乗り切りたいです~






この記事へのコメント