びっくり!初めて牡蠣にあたった、やっぱり症状はつらかったです~

牡蠣の季節ですね~ってお好きな方は目がないという牡蠣、亜鉛などのミネラルも豊富で栄養値も高く独特の旨みと食感、食べるべき冬グルメの食材・・というイメージ・・

しかし、実は貧乏舌の私子供の頃は牡蠣が見た目でまず無理(中学の頃はNHKでやっていたプリンプリン物語っていう人形劇に出てくる「ルチ将軍」に似ているといって食べるのを拒否していた)独特の旨みも、最近ようやく少量なら大丈夫になりましたが・・

先日健康情報バラエティ番組でまたしてもこの時節柄か「牡蠣」の有効性みたいなコーナーがあったのもあってか、確か1月31日の晩御飯に生牡蠣が出ました。なるべく「小さいのを2つ」取り分けてもらい食べたのですが・・

1日たったおとといの夜から、何やら胃の痛みから始まり、むかつきも始まったと思ったら・・あれよあれよというまにひどい下痢におそわれ、とりあえず水分を取りながら早めに寝ましたが翌朝も同様のひどい下痢が続き、熱も37度台!寒気もするのでカイロをおなかや背中に貼り温めましたが、ともかく頭痛はするし、ときおり断続的にむかつきもあり、昼食は食べる気もおこらないので飲み物だけですごし昨日はいやはや熱のためかぼおっとなっておりました。

夕方には断続的だったむかつきが最高潮でとうとう胃にはもうなにも入ってなかったようですが嘔吐してしまいました!でもこれが結構良かったみたいで、ようやくむかつきが治まってきたようです。それにしても嘔吐するまでの気持ち悪さと言ったら!

最初、神戸市内でも警戒警報(?)が出たというインフルエンザかと思いましたが、潜伏時間は半日~2日ほどとされるそうなノロウィルス、食べて1~2日で発生したという正に「牡蠣」が今回の犯人だったっぽいです。今まで家族では牡蠣にあたった人がなかったのでもうびっくりでしたが・・いやはや、やっぱりあたるときはあたるのですね~

「牡蠣にあたる」でググるとわかりやすい記事が沢山ありました、助かる。
牡蠣にあたったら?症状と間違った対処法
水分の補給に気をつけつつ、下痢止めで無理に下痢をとめずにっていうのは正解だった模様・・なんとか1日で症状が治まってくれて一安心ですが高齢の両親にうつらないようにしばらく注意です。









この記事へのコメント